女性の武器はバストアップの装備から!【女性らしさを身につける】

女性

垂れた胸を上げる方法とは

ヒアルロン酸注入

医者

妊娠・出産や加齢が原因で胸が垂れ下がってしまうことがよくあります。衣服を身につけている時は下着で補正することができますが、脱いでしまえば一目瞭然でバレてしまいます。垂れてしまった胸を若い頃のようにキュッとバストアップしたいと望んでいる人は、美容外科クリニックへ行ってバストアップ治療を受けるようにするとよいです。バストアップ治療の方法には、プロテーゼバッグを胸の上部に挿入する方法や、自分の体から吸引した脂肪を注入する方法、ヒアルロン酸を注入する方法などがあります。この3種類の中で、一番手軽にバストアップできるのは、ヒアルロン酸注入による方法です。胸の上部の扁平になっている部分にヒアルロン酸注射を打ってやると、その部分に作られた膨らみによって、垂れ下がっていた胸の皮膚が上に引っ張り上げられます。乳房全体が上に持ち上げられますので、満足できるバストラインになることができます。ちなみに、この方法であれば、プロテーゼバッグを挿入する場合のように、肌に傷跡が残る心配をする必要がありません。

治療効果

ヒアルロン酸注射を打つだけで簡単にバストアップ効果を得ることができるため、大勢の人がこの方法を利用しています。何しろ、注射を打った直後にバストアップ効果を実感することができますので、高い人気を集めるのが当然です。また、後遺症や副作用が起こる心配がほとんどなく、治療を受けた直後からいつも通りに動き回ることができるという点も、人気を呼ぶ理由の1つになっています。胸に注射を打つことになりますので、痛いのではないかと心配する人がたまにいますが、麻酔クリームを塗ってから注射するクリニックが大半です。また、注射針の穴は半日も経てば塞がってしまいまので、シャワーを浴びることができます。ただし、ヒアルロン酸注入によるバストアップ効果を維持できるのはだいたい1〜3年程度だということを理解した上で治療を受ける必要があります。注入されたヒアルロン酸は、時間の経過と共に少しずつ体内に吸収されていきます。したがって、バストアップ効果を永久に維持し続けられるわけではありません。ですが、体内に異物が残らないという点では、かえって好都合だと考えることもできます。