女性の武器はバストアップの装備から!【女性らしさを身につける】

女性

バストの美容整形

バスト

垂れ下がった胸をバストアップしたいと考えているのであれば、バストアップ効果がある豊胸手術を受けるのが一番です。バストアップするために自分で胸の筋肉を鍛えるエクササイズを行う人もいますが、思うようにバストアップすることができないどころか、肩に筋肉がついて逞しくなってしまうだけになるケースが多いので、あまりおすすめすることはできません。ただし、一口に豊胸手術と言ってもいくつかの種類がありますので、それぞれの手術にかかる費用や施術効果などをよく理解した上で手術方法を決める必要があります。現在行われている豊胸手術は、人工乳腺バッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3つが中心になっています。近年になり、最新の皮膚再生医療を応用した豊胸手術を行うクリニックも登場してくるようになりましたが、全国的に見ても、まだ一部の医療機関に限られています。上述した3種類の豊胸手術の中で、一番安い料金で手術を受けることができるのは、ヒアルロン酸注入法です。ただし、ヒアルロン酸注入法によるバストアップ効果には永続性がないということを理解した上で手術を受ける必要があります。

ここ数年、多くの人の注目を集めるようになってきているのが、脂肪注入法による豊胸手術です。脂肪注入法による手術の場合、まず胸に充填する脂肪を患者自身の体から吸引することになります。つまり、バストの周辺には傷跡が残らないものの、脂肪吸引を行った部位には手術の傷跡が残ることになります。ですので、体に傷跡が残るのは嫌だと考えている人には、向いていない方法です。ただし、人工的に作った充填剤を胸に注入するのではなく、自分の体から採った脂肪を注入しますので、アレルギー反応が起こる心配が全くありません。また、見た目の質感や手触りがとても自然に仕上がります。それに加えて、注入した脂肪が上手く胸に生着してくれれば、半永久的なバストアップ効果が得られるというメリットがあるため、高い人気を集めています。従来は、胸に注入した脂肪が生着せずに体外に排出されてしまうケースが多かったため、脂肪注入法による手術を選ぶ人があまり多くありませんでした。しかし、脂肪の生着率をアップさせる効果的な方法がいくつも開発された結果、この方法を希望する患者が増加しました。